大学共通テスト

リスニング対策のための音読学習とは!?

 

じゅくちょー
じゅくちょー
本日の雑談は、こんなこと!

今日のお品書き

『リスニング対策のための音読学習とは!?

 

大学入試共通テストまで、あと113日!

公立高校入試まで、あと166日

第一回基礎学力テストまで、あと13日!

 

wpm(ワードピーエム)、この言葉がリスニングでは

キーワードとなります。

1分間に何語のペースでリスニングが読まれるか、

というリスニングのスピードの指標となるものです。

これはリスニングだけではなく、

リーディングの指標にも使われています。

 

ネイティブのスピーキングの速さは

160~200wpmほどのスピードです。

ちなみに、リーディングスピードは、

300wpmほどになります。

 

では、問題の共通テストはどうなっているのでしょうか?

英検準1級のリスニングや他の英語技能試験のリスニングとも

比較してご覧ください。

各試験リスニング速度
英検®準1級135〜145wpm
英検®2級135〜145wpm
英検®準2級120〜130wpm
英検®3級125〜135wpm
TOEIC®L&R160〜180wpm
大学入学共通テスト (施行調査)145〜165wpm

 

昨年の共通テスト本番でのリスニングは、

第一回・第二回・追試験の平均が約140w/mということとなり

リーディングで余裕を持って解くためのスピードと

同等のペースで読み上げられることになります。

 

140w/mで読み上げられるということは、

英語を聞き取り、内容を解釈し

ひねられた解答を導き出すための余裕を持つためには、

実際には160w/mほどのリスニング力を備えておく必要があるでしょう。

 

『つばさ』では、高校生になると

ターゲット1400の単語を全部覚えていただきます。

その単語暗記後に、ターゲット1400Rを使って

リスニング対策のための音読タイムラップを行います。

ターゲット1400Rは、長文を使った単語暗記教材となっており

ターゲット1400の単語のうち、その1000語をカバーした

長文の作りとなっています。

 

ですが、実際のところ、赤字で示されている語数が1000語であり、

赤字以外で登場する単語数や単語レベルは、

ターゲット1900にも匹敵する内容となっています。

小分けにされた80題の長文150~220語程度の文章を、

毎回90秒以内に音読するという特訓を生徒たちに課しています。

 

発音が苦手という生徒であっても、

5題を超える頃には、だいぶ上達していきます。

発音の脱落や省略、重ね合わせも

リスニングをしながらのシャドウイングを繰り返すことで

自然と体にルールが染み込んでいくのです。

何度も何度も繰り返すことで、言語は習得されます。

リスニングは、実際のところ実技教科に近い側面がありますね。

 

何回発音を繰り返すという回数が目的となるような

音読・シャドウイングではなく、

90秒以内で発音できるようになるという

成果目標にすることで、自分に必要な練習が

十分に行うことができるのです。

 

覚えた単語を長文の中で復習しつつ、

膨大な量の音読・シャドウイングもでき、

知らない多方面の知識を長文の内容から吸収でき、

ワードピーエムを共通テストに求められる水準にまで

高めることができる一石三鳥四鳥のリスニング対策を

『つばさ』では実施しています!

 

高3生では、最近のマーク模試では

リスニングで8割後半を取れるようになってきました。

高1からの対策で、無理なく共通テストにも対応でき

英検準1級にも対応できるリスニング対策。

地味なことの繰り返しではありますが、

成果が見え始めてきましたね〜!

 

たろー
たろー
いろんな質問にもここでお答えするよ!下のLINEからご質問どーぞ!

学校

友だち追加