基礎学力テスト

令和2年度、基礎学力テスト理科の問題分析(3)

 

理科の問題分析3回目は「物理」をば!

苦手な生徒も多い分野でもある「物理」。

中1は「光・音・圧力・浮力・バネ」など。

中2は「電気回路・静電気・発熱・磁界」など。

さて、第一回はどの分野が出題されたでしょうか?

あえてもう一度繰り返しますが、理科という教科は

もう暗記だけでできる時代は終わった!

ということを意識の中に刷り込んでいきましょう。

 

じゅくちょー
じゅくちょー

どーも、塾講師歴17年、38歳3児のパパで認定心理士、上位公立高校受験・国公立大学受験専門塾、じゅくちょー阿部です。

  • 本年度の入塾生は、満席となりました
  • 来年度の春期講習会からのご入塾ご予約は10名(仮)の予定です。
  • 日曜セミナー『国公立大学:二次対策化学・物理・生物』は、10月4日(日)から全8回で開講します。

 

大問4<物理>:音の性質

 

過去10数年分の問題分析では、

「音」の分野は第三回で出題傾向が強い分野です。

ですが、近年では第一回にも音は出題されてきています。

中1物理の単元では最も簡単な内容となり、

第二回以降は難しくなることが予想されますね。

 

(1)は、原理から問う語句の知識問題。

「音が聞こえるのは、空気の振動が耳の中にある鼓膜を振動させ、その振動を私たちが感じているからである。」

この現象を何と言うか、を問う問題です。

こう聞かれると、ちょっと戸惑った人もいるかもしれませんね。

もちろん、答えは「波」となります。

 

(2)も、語句知識問題。

この問題は正直点数を取る問題です。

「振動数の単位を書け」

答えは、「ヘルツ:Hz」となります。

 

(3)も、語句知識問題。

「振幅を表すのは、図の中のどの部分か?」

ここも点数を取る問題です。

答えは、「エ」となり、ほぼ間違った方はいないでしょう。

 

(4)は、音の大きさと高さの原理を問う選択問題。

弦の張りの強さを変えずに、このじの位置と弦を弾く強さを変えて、ことじXの間の中央を弾いたところ、ことじの位置と弦を弾く強さを変える前の音よりも、大きく高い音が聞こえた。」

与えられた波形から考えて、「振動数が増え、振幅が大きくなっているもの」を選べばいいだけです。

答えは、「ウ」となりますね。

 

(5)は、語句の穴埋め選択問題。

上の(4)のときに行った操作について述べた文章。

ことじとXの間の弦の長さが( ① )なるようにことじの位置を動かし、弦を弾く強さを( ② )した。

音は、高くなっているので弦の長さは、「短く」なっているはずです。

そして、音は大きくなっているので、「強く」弾いたはずです。

答えは、①が「イ:短く」で、②は「ウ:強く」となりますね。

大問1から解説してきました。

ここにきて、大問4でようやくオアシス的な問題。

ここで点数を取らなきゃどこで取る、と言う優しい問題でした。

 

大問8<物理>:電気回路と発熱量

 

電気回路と発熱を掛け合わせたような問題でした。

昨年の第一回の基礎学の電気回路は非常に難しく、

今年は昨年ほどではないにせよ、簡単には解かせてくれない

良問だったように思います。

またしても、令子と和夫の会話文からの出題もあります。

 

(1)は、知識問題。

抵抗器に流れる電流の大きさは、抵抗器に加える電圧に比例する。この法則を何というか?

明らかに、「オームの法則」ですね。

 

(2)は、作図問題。

これが答えです。

 

(3)は、対話分の穴埋め問題。

 スイッチ1スイッチ2抵抗器X[A]抵抗器Y[A]回路全体[A]
0.100.10
0.200.20
0.100.200.30

令子:ⅠとⅢの結果から、ⅢではⅠに比べて抵抗器Xに流れる電流の大きさは( ① )ことがわかったわね。

和夫:ⅡとⅢの結果から、抵抗器Yについても、抵抗器Xと同様のことが言えるよね。また、Ⅲでは、Ⅰ、Ⅱに比べて回路全体の抵抗は( ② )なったね。

令子:だから、Ⅲの回路全体に流れる電流が大きくなったのね。

実験ⅠとⅢの

ですが、できないんです。

ただ、1年間分の距離を求めているに過ぎないのですが、kmをcmに直すことができない生徒もいるのです。

250,000,000 ÷ 27,700,000 を求めるだけで大丈夫。

答えは、「ウ:約9.0cm」となりますね。

地学は、昔は「覚えるだけで大丈夫」と言われる筆頭でした。

ですが、この2問をご覧になってどのような感想をお持ちになりますか?

もう、暗記単元と言われていた生物と地学は、思考力問題の最筆頭になったのです。

 

第二回の基礎学の「地学」予想!?

 

第二回の範囲は、中3地学の「天体」が含まれないため、

中1中2の地学から第一回同様に出題されます。

中1から出題されるならば、「火山(鉱物)・地層(堆積岩)」となるでしょうか。

この範囲を重点的に復讐しておけば、点数は硬いでしょう!

 

中2地学は、今回同様天気からの出題です。

「飽和水蒸気量(雲の出来方)・天気図(気圧配置)」

第二回の地学分野においては対策が立てやすくなっています。

 

第二回の地学分野では満点を取れるように、

演習に演習を重ねておきましょうね!

ちゃん♪ちゃん♫

 

じゅくちょー
じゅくちょー
それでは、今日はこのあたりで。失礼しま〜す!

2020年度『つばさ』の授業日程は、ここからご確認できます。

じゅくちょー
じゅくちょー
Facebookもやってます!

じゅくちょー
じゅくちょー
Twitterのフォローもよろしくです!

たろー
たろー
Instagramでは、ボクも登場するよ!

鳴門教育大学 附属中学校 附属小学校

友だち追加