国語学習について

2018年度 第一回基礎学力テストを考察してみた(3)

 

予想を大きく上回る、

『簡単すぎる基礎学!』

でも、基礎学力テストは

こんなもんじゃない

ですから!!!

 

じゅくちょー
じゅくちょー
どーも、徳島国語英語専門塾つばさ、阿部でございます!

 

さて早速、平均点を出している学校

第一回基礎学の点数をご覧いただきましょう!

八万中平均点数
国語64.9 点
社会57.7 点
数学59.8 点
理科59.1 点
英語55.6 点
合計297.1 点
国府中平均点数
国語59.1 点
社会55.2 点
数学54.8 点
理科55.0 点
英語51.8 点
合計275.9 点

 

ふむふむ、難易度的には非常に簡単ですねぇ。

どちらの中学校とも、

『英語』『国語』に特徴が出ていますね。

平均点で見れば、

英語が最低国語が最高となっています。

 

 

今回の国語は、逆に怖いですね。

今回の国語が基礎学の標準と考えられると

第二回までに対策を怠る可能性があります。

 

例年の各中学校の平均点から考えても

20点ほど高くなっています!

第一回が簡単すぎると、

中学生にとっては精神的に不幸な状態

なりかねません。

 

自分では頑張っているつもりでも

結果は出たから、どうしても自分に甘くなってしまいます。

生徒たちには、結果が出たことは褒めつつ、

『勝って兜の緒を締めよ』

と、言うことを伝えました。

 

今年の高校受験は

荒れそうだなぁ。。。

城東高校のクラス定員も、

1クラス分減少するとの噂も聞きました。

それでも、基礎学での結果が出ていれば

自分の志望校は自分で選び取る

ことが出来ますから!

 

じゅくちょー
じゅくちょー
それでは、今日はこのあたりで。失礼しま〜す!