理科学習について

徳島県公立高校入試、理科の分析と考察

 

今まで、法則性はあまりないと思い、

分析を本格的にはしていませんでした。

生徒たちを、もう2度と不合格にさせたくはない!

じゅくちょー、動きました(笑)

 

じゅくちょー
じゅくちょー

どーも、塾講師歴17年、37歳3児のパパで認定心理士、上位公立高校受験・国公立大学受験専門塾、じゅくちょー阿部です。

 

まずは、概要から!

 

徳島県の理科の公立高校入試問題の形式は以下の通りです。

大問1:小問集合(化学・物理・生物・地学)

大問2:化学分野から

大問3:生物分野から

大問4:地学分野から

大問5:物理分野から

 

大問2〜5の順番はページ数の都合で入れ替わります。

出題傾向に偏りはないと思っていたのですが、

全ての問題を1問1問分析してみると、

若干の法則性があることに気がつきました。

 

なお、2016年度入試から小問集合の形式が変わっています。

 

問題を学年別で分析してみると、意外な結果に!?

 

化学から見てみましょう。

化学2019 2018 2017 2016 
小問中2化合中2化学式中3酸とアルカリ中1気体の性質
大問中1溶解度中3水溶液とイオン中1
中2
気体の性質・化合中2酸化と還元

 

中2の内容は、小問でも大問でも必ず出ています。

ですが、中1と中3の化学内容は交互に出されています。

このパターンでいくと、今年は中2と中3内容になりますね。

 

物理はどうでしょうか?

物理2019 2018 2017 2016 
小問中1力と圧力中2電流と磁界中1浮力中1音の性質
大問中2回路

中1

中2電磁誘導中3物体の運動

 

中1の内容が、小問でも大問でも必ず出ています。

ですが、中2と中3の出題には傾向が見えません。

今年は中1と中3の内容からの出題かもしれませんね。

 

二分野ではどのような結果に!?

 

では、地学から。

地学2019 2018 2017 2016 
小問中1地質年代中3銀河系中2日本の気象中3太陽
大問中3太陽系中1火山と鉱物中3南中高度中1火山と地層

 

中3の天体内容は、必ず出題されています。

特に今年の第三回では天体が出題されていません。

ほぼ確実に天体は出題されるでしょう。

そして、中1の内容からの出題が続いています。

今年は、中2の天気と中3の天体の可能性が高いでしょう。

 

生物はどうでしょうか?

化学2019 2018 2017 2016 
小問中1植物の分類中3植物の増え方中1コケ植物中2細胞の作り
大問中2消化

中2

感覚器官中2呼吸と血流中3遺伝の法則

 

中2の内容が、小問でも大問でも必ず出ています。

そして、中1と中3の内容が交互に出ています。

今年は中2と中3の内容からの出題かもしれませんね。

 

さぁ、この予想をもとに、合格への道筋を作っていきましょうかねぇ(笑)

ちゃん♪ちゃん♫

 

じゅくちょー
じゅくちょー
それでは、今日はこのあたりで。失礼しま〜す!

2019年度『つばさ』の授業日程は、ここからご確認できます。

じゅくちょー
じゅくちょー
Facebookもやってます!

じゅくちょー
じゅくちょー
Twitterのフォローもよろしくです!

たろー
たろー
Instagramでは、ボクも登場するよ!

鳴門教育大学 附属中学校 附属小学校

友だち追加