基礎学力テスト

第三回 基礎学力テスト考察(3)

 

本日は、数学と理科と社会です。

 

今一度、近隣中学の平均点を掲載しておきます。

 

合計平均点国語平均点社会平均点数学平均点理科平均点英語平均点
269.7点53.5点58.5点52.2点44.4点61.1点

 

 

じゅくちょー
じゅくちょー
どーも、徳島国語英語専門塾つばさ、阿部でございます!

 

まず顕著なのが、理科の平均点の低さです。弊社では、出題予想が100%的中したものですから、61点の平均でしたがそれでも低いと言えます。

 

まずは、一昔前の理科の問題とは違い、一問一答的な『覚えれば解ける』問題はほぼ無くなっています。

 

ただ「知っている」だけの知識では対応できなくなっており、他の知識との違いがどこで、何がポイントなのかを理解できていなければ、対応できなくなっています。

 

社会でも言えることですが、特に昔と違うのが『考えられるものを全て選べ』系の問題や、『回答だと思うものを記号で答え、その理由を簡潔に述べよ』系の思考力問題です。

 

今回の社会は、記述問題が明らかに減り、逆に重箱のすみを突く系の問題が増えました。塾講師から言わせると、「しょーもない問題」で面白みもなかったです。理科は、「うーん、そう問われると生徒たちは答えられないだろうなぁ」という出題傾向でした。

 

理科も数学でも、問題が問おうとしている『意図』を掴めるかが回答までの鍵になっているものが多く、『意図』が理解できればかなり簡単です。特に数学の最後の問題では、解説途中で「あっ!そういう意味か!」と、ヒント一つで一瞬で解いた生徒もいたほどです。

 

と言うことで、基礎学は大きく傾向が代わり、『問いを理解する読解力』が最も重要になってくるのでしょう。読解力の土台は、『語彙力』です。もちろん、日本語の語彙力です。

 

日本語で読み取り、日本語で考え、日本語で回答を作っていく訳です。問題を読んで日本語の意味が分からなければ、問題を解けるようになるはずがありません。

 

反復練習によって、スキルや知識が高まっても、「何を答えればいいか」が分からなければ宝の持ち腐れもいいところです!

 

残り、高校入試まで51日!

 

学力の『質』が問われる時代になった、と考えていいのでしょう!従来通りの「座って授業を聞く」スタイルの限界の足音がひたひたと聞こえてくるようです。

 

自分で考え問い立てし、自分で解答を作る力が求められているのです。知っていることだけ答えられるのではなく、知っていることと知らないことを結びつけ、どのようにすれば解けるのかを導き出せる思考力こそ、これからの時代の学力のスタンダードとなるのかもしれませんね。

 

じゅくちょー
じゅくちょー
それでは、今日はこのあたりで。失礼しま〜す!